青い目の人形

              おはなし​

   1927年(昭和2年)アメリカの子どもたちから日本へ12,734体の青い目の人形が贈られました。

   戦争がひどくなると人形たちは「敵国の人形」として攻撃の的になります。

   10歳のまり子にとって特別な存在「マリリン」も、そのうちの一体でした。

 そして、遂にマリリンが壊される日、まり子は強い決心をします。

 90年の時を経て蘇るあの時代、そして、今……。

 温かくも切ない語りと、深いピアノの音が、時に軋む床になり時に抱きしめる腕になり、物語を彩ります。
WELCOME //

 

スタッフ
作/ 麻創けい子

音楽・ピアノ演奏 /重松壮一郎

語り/川村ミチル

上演時間 60分

(いのちの音ピアノコンサート付き)